by 痛くない歯医者(歯科医)    
歯科治療に対する「痛い」「怖い」イメージを植えつけている恐怖感はどこからきているのか?
と考えたときに真っ先に思いつくのは「麻酔」ではないでしょうか?

痛みをなくすための「麻酔」でありながら、麻酔そのものが痛かったために、 歯科治療を敬遠している人は少なくないはずです。

その麻酔自体の痛みを取る目的で行なわれることには、以下のようなものがあります。
比較的よく知られている方法です。

◆麻酔液の温度を体温に近づけることによって痛みを和らげる。(麻酔液温の管理)
◆麻酔注射をする前に表面麻酔(ゼリー状、ペースト状、スプレー式、テープ式等)を塗る。
◆ゆっくりとしたスピードで数回に分け、麻酔を打つ。
◆麻酔を打つとき、極細の注射針を使う(直径の細い33Gの使用など)
◆歯根膜注射器(ガンタイプ)または電動注射器を使用する。
◆上記の組み合わせ。(表面麻酔⇒レーザー麻酔⇒シリジェト⇒極細針で麻酔を打つ等)

しかし、上記手段を使用するも、場合によっては完璧に痛みを取り去ることができないこともあります。
「キー」という歯科治療独特の音を聞くことによって、いたずらに恐怖感が増してしまったり、 実際の痛みはなくても、イメージが先行してしまい、痛いような気がしてしまうこともあります。




PAGE TOP ↑