by 痛くない歯医者(歯科医)    
近年医療レーザーを使用した治療法がさまざまな分野で増えています。

よく知られてるのが、ほくろ・しみのレーザーによる除去、近視レーザー治療などです。

このレーザーは歯科的にも使用されています。

具体的にレーザーを使用する場合は、

・初期の虫歯治療
・歯槽膿漏(レーザーによる無痛排膿)
・知覚過敏
・メラニン色素除去(自費治療)

他、さまざまな症例でレーザーは歯科分野でも使用されています。
麻酔無しで使用でき、さまざまな症例に対応できるレーザーはいまや歯科の無痛治療にはかかせない存在です。

レーザーに効果・作用がある治療は以下の症状などが適しております。

虫歯の治療・予防
知覚過敏
口内炎・義歯の接触痛
歯周病
根管治療
顎関節症
歯ぐきの黒ずみ
その他(現在、多くの症状に対応できるのでご相談下さい)

但し、最新式のレーザー治療と言えども全ての 治療に万能か?というと、残念ながらそうではありません。
しかし、正しい使用法に従えば、これほどすばらしい治療法は無いといえるでしょう。

PAGE TOP ↑